背中ニキビ悪化・痛みを防ぐビタミン

ニキビの炎症を抑えることは、痛みの発症を防ぐ意味もありますが
化膿してニキビ跡が長期間残らないようにするために手を打ちたいものです。

そこで効くのが、ビタミンB2B6Cです。市販で手に入ります。
炎症を起す物質である、遊離脂肪酸の働きを抑制する効果があります。
99a3e7b760e812967497999ea29769b7_s

皮膚科医などでも、中程度の症状までなら、このビタミン剤が処方されることが多いそうです。

ニキビに気付いた段階で、ドラッグストア等で入手して飲んでおけば悪化防止が期待できます。

ただ背中のニキビは自分では初期の段階で気づかないことも考えられます。
特に原因のひとつのストレスが溜まるほど忙しい人などは。

日頃からストレスを感じていたり、生活が不規則になりがちであったら、直接肌をケアする手段を準備しておくことも大切と思われます。

    おすすめ背中ニキビ ケア ランキング をチェック